目的があってのローンなら

住宅を購入するためには住宅ローン、子どもの教育費のためなら教育ローンなど、銀行のローンは目的に合わせて選ばなければいけません。 しかしカードローンの場合は、目的に合わせる必要はありません。 なぜなら、使用目的が決められていない使いみちが自由なローンなので、ドン亜目的にも使えるからです。 ですから、ちょっとお金が足りないと思ったときには、非常に便利なローンなのです。 一番利用目的として多いのは、生活費です。 給料の前になると家計が苦しくなる人は、多くいるでしょう。 そんなときに銀行に行って申し込みをすれば、生活費の足しにすることができます。 冠婚葬祭などで予定外の出費が続いたときには、頼りになる解決方法です。 生活費とともに多いのは、交際費として借りる目的です。 お金がないときに飲み会などに誘われると、断らなければいけません。 しかし、お金がなくて毎回断っていると、付き合いが悪いと思われ交友関係を壊すことになります。 そこで、飲み会に誘われたときにお金を借りて参加をすることで、交友関係を壊さずにすむでしょう。 生活費や交際費以外の目的としては、趣味に使うために利用する人も多くいます。 例えば海外旅行が趣味の人は、旅行をグレードアップさせるために旅費の足しとして借りることはあります。 また、新たに始める趣味の道具を購入するために、お金を借りて揃えているのです。 さらに社会人としてスキルアップをするために、スクールのレッスン料やセミナーの参加費を借りることもあります。 他にも、ブランド品を購入するための資金など、自分の欲望を満たすためだけに借りることも多くあるのです。 自分の欲望を満たすことが目的なら、銀行のローンは組むことができません。 しかしカードローンなら、自分の欲望の赴くままに借りることが可能です。 ただしどのような目的であっても、返済の義務は当然あります。 ですから、目的にかかわらず計画的に利用することは大切です。